産業廃棄物収集運搬業許可申請(積替え・保管を除く)の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は産業廃棄物収集運搬業の許可申請のため東京都庁へ行ってきました。

事業活動により発生する廃プラスチック類や金属くずなどの産業廃棄物を事業者から委託を受け、産業廃棄物の中間処理施設などへ運搬するためには産業廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。

この産業廃棄物収集運搬業ですが、建設業許可のように許可を取得すれば全国どの都道府県でも収集運搬が可能なわけではなく、産業廃棄物を積み込む場所と降ろす場所の両方の許可を取得する必要があります。

例えば、埼玉県の事業者から委託を受けた産業廃棄物を神奈川県の中間処理施設へ運搬する場合には埼玉県と神奈川県の両方の許可を取得しなければなりません。ただし運搬のために通過するだけの東京都の許可を得る必要はありません。

当事務所では各都道府県庁への申請日の予約から必要書類の収集や申請書類の作成から提出を下記の料金で承ります。

産業廃棄物収集運搬業許可申請(積替え・保管を除く) 料金表
業 務 内 容 報 酬
(税別)
申請手数料
新規許可申請  60,000円 81,000円
更新許可申請  60,000円 73,000円(東京都の更新申請手数料は42,000円)
各種変更届
(役員や車両の変更など)
6,000円 必要ありません
各種変更届
(代表者や商号、住所の変更など許可証の書換えを要するもの)
10,000円 必要ありません
対応地域:全国(申請書類の作成のみや提出の代行のみも承ります。)
別途交通費がかかる場合は事前に金額をお伝えします。
公的証明書の取得にかかる費用は実費にて請求させていただきます。

申請手数料は申請予約日の前日までにお振込みをお願いしております。その他の報酬分や公的証明書の取得費用などのお支払いは申請終了後に申請書類の控えと請求書をお送りしますので、指定口座にお振込みとなります。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

貨物軽自動車運送事業届出の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は貨物軽自動車運送事業(いわゆる黒ナンバー)の届出のため埼玉運輸支局と軽自動車検査協会へ行ってきました。

近年の通信販売の利用率の高まりから通信販売会社などから委託を受け、荷物を配送するために黒ナンバーを取得し、貨物軽自動車運送事業を開始する事業者が増えていると聞きます。

一般貨物自動車運送事業(いわゆる緑ナンバー)は人的要件や必要資金などの要件を満たさなければ取得できませんが、貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)は軽自動車1台から始められ、書類に不備がなければ即日黒ナンバーの交付が受けられるため届出後すぐに事業を開始することができます。

当事務所では貨物軽自動車運送事業(黒ナンバー)の開始に必要な書類の作成及び提出を下記の料金で承ります。

貨物軽自動車運送事業経営届出 料金表
業 務 内 容 報 酬(税別) ナンバープレート交付費用
(埼玉県の場合)
貨物軽自動車運送事業経営届出書 作成・提出 40,000円 1,480円(実費)
対応地域:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県(書類作成のみの場合は全国で承ります)
【ご用意いただく書類など】
個人のお客様:住民票
法人のお客様:履歴事項全部証明書
個人・法人のお客様共通:車検証の原本、黄色ナンバープレート(現在お使いの軽自動車で申請する場合)

お支払い方法は手続きの終了後に、指定口座にお振込みとなります。お客様には新たに交付された黒ナンバープレートと提出書類の控え、請求書をお送りします。

【お問い合わせ先】
電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

警察署へ行ってきました

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は車庫証明の申請のため事務所近くの浦和警察署へ行ってきました。

車庫証明の取得には申請書の提出と受領のため、車庫の所在地を管轄する警察署へ平日に2回行かなければなりません。

当事務所では忙しいお客様に代わって申請書の提出と受領を代行いたします。また申請書の提出や受領のみといった対応も承りますので、その際は通常料金から割引をさせていただきます。

当事務所で対応可能な管轄警察署は下記となります。料金及び手数料などはこちらをご覧ください。

対応可能な警察署
浦和警察署 蕨警察署
浦和東警察署 川口警察署
浦和西警察署 武南警察署
大宮警察署 朝霞警察署
大宮東警察署 新座警察署
大宮西警察署 草加警察署
岩槻警察署 上尾警察署

大宮警察署、浦和西警察署、蕨警察署の車庫証明は最短スケジュールでの申請、受領が可能ですので全国のディーラー様、行政書士事務所様からのご依頼もお待ちしております。その他の警察署もお客様のご希望を伺い可能な限り最短のスケジュールで対応いたします。

お問い合わせの際に幣所への書類の発送方法(レターパックライト、レターパックプラス、ヤマト運輸宅急便など)と車庫証明返送のご希望日をお知らせください。また可能であれば発送時の追跡番号もお知らせいただけますと幸いです。(お分かりになればで構いません)

お支払い方法は車庫証明と一緒に請求書をお送りしますので、指定口座に後日お振込みとなります。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。日曜・祝日もお気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

事業年度終了報告書(決算変更届)の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は事業年度終了報告書の提出のため埼玉県庁へ行ってきました。

建設業許可を取得している建設業者様は、法人の場合は毎年決算期が終了後4カ月以内、個人事業主の場合は毎年4月末までに事業年度終了報告書を提出しなければなりません。埼玉県では事業年度終了報告書、東京都では決算変更届と呼びますがどちらも同じ内容の書類です。

この事業年度終了報告書(決算変更届)は毎年の提出が義務付けられているもので、提出を怠ったまま次回の更新を迎えてしまうと建設業許可の更新ができないことになるので注意が必要です。

当事務所では事業年度終了報告書(決算変更届)の提出に必要な書類の作成から添付書類の取得を下記の料金で承ります。

事 業 年 度 終 了 報 告 書(決 算 変 更 届) 料金表
業 務 内 容 報 酬(税別) 納税証明書取得費用
事業年度終了報告書 作成・提出 (経営事項審査なしの場合) 30,000円 400円(実費)
対応地域:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県(書類作成のみ又は期限内で郵送での提出が可能な場合は全国で承ります)
お客様には決算書類と工事経歴書、前年度分の提出書類のご用意をお願いしております。

お支払い方法は管轄官庁へ書類の提出後に、お客様に提出書類の控えと請求書をお送りしますので、指定口座にお振込みとなります。また事業年度終了報告書だけでなく、その他の建設業許可に関するご相談などもお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

ご縁が広がる

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

今日はここ最近、私自身が感じていることについて書きたいと思います。

当たり前すぎてつい忘れてしまいがちですが、人と人との出会いや繋がりは大切にしないといけないということです。出会いを大切にすることのたとえで一期一会という言葉がありますが、私の好きな言葉の一つです。

以前にご依頼をいただいたお客様が新たな許認可の取得についてご相談をしてくださったり、他士業の先生が顧問先のお客様をご紹介してくださったり、経験豊富な行政書士の先生が仕事を教えてくださったり、開業してからお会いした多くの方々のおかげで少しずつですがご縁が広がっていることを実感しています。

七夕のときにオフィスの受付に置かれていた短冊に、健康第一で仕事ができますようにと書いたほかに、実はこっそり「皆様とのご縁が広がりますように」と書いて飾っていたのですが、そのおかげで願い事が叶ったのかもしれません。

これからも皆様と良いご縁を広げていけるかどうかは自分次第。一つ一つ丁寧に仕事をしていき、お客様に喜んでいただけるように全力で取り組んでまいります。

日々感謝の気持ちを忘れず前進していきます!

古物商許可申請の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は古物商許可申請のため埼玉県内の警察署へ行ってきました。

「古物商」という言葉は聞きなれないかもしれませんが、貴金属やブランド品などの中古品を買い取って販売をする場合には古物商許可を取得する必要があります。

もっとも古物商許可は盗品等の売買の防止や速やかな発見を図ることを目的としているため、中古品を扱うというだけですべて古物商許可が必要なわけではなく、無償で譲り受けたものや引取り料を徴収して引き取ったものを販売するような場合には古物商の許可は必要ありません。

古物商を営もうとする場合には、都道府県公安委員会の許可を受けなければならず、営業しようとする場所を管轄する警察署を経由して申請書を提出します。

当事務所では管轄警察署への必要書類の確認や折衝を含め、申請書類の作成から提出までを下記の料金で承ります。

古物商許可申請 料金表
業 務 内 容 報 酬(税別) 申請手数料
新規申請 (個人) 35,000円 19,000円(申請時に管轄警察署へ納める費用となります)
新規申請 (法人) 40,000円
許可書換申請 20,000円 1,500円(申請時に管轄警察署へ納める費用となります)
許可変更届 15,000円 必要ありません
主たる営業所の届出 15,000円 必要ありません
対応地域:埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県(申請書類の作成のみの場合は全国で承ります)
別途交通費がかかる場合や役員様の人数によっては無料で御見積りをいたします。
公的証明書の取得にかかる費用は実費にて請求させていただきます。

お支払い方法は申請終了後に申請書類の控えと請求書をお送りしますので、指定口座にお振込みとなります。なお埼玉県の場合は許可証の交付時に古物営業に関する注意事項等の説明があるため、受取りは原則として申請者様本人が警察署に出向く必要があります。申請から許可が下りるまでの期間は約40日となります。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

車庫証明申請の料金表

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

先日は車庫証明の取得申請のため埼玉県内の警察署へ行ってきました。

自動車を購入する際によく聞く「車庫証明」ですが正式名称は「自動車保管場所証明」といい、新車や中古車を購入した場合の登録手続きには車庫証明が必要となります。

車庫証明の取得はそれほど難しいわけではありませんが、申請書の提出と車庫証明の受領のため管轄の警察署で手続きが必要で、警察署の窓口は休日は開いていませんので平日に2回行かなくてはならず、書類に不備などがあれば改めて出直さなければいけない場合もあります。

当事務所では忙しいお客様に代わって申請書の提出と受領を代行いたします。料金及び手数料などは下記となります。

提 出・受 領 代 行 業 務 の 料 金 表
車庫の所在地 報 酬(税別) 収入証紙代
蕨市・戸田市  普通車5,000円 普通車2,600円

軽自動車500円

※返信用封筒の同封がない場合は送料370円が別途かかります。

さいたま市・川口市  普通車5,500円
朝霞市・和光市・志木市・新座市  普通車6,000円
草加市・八潮市・上尾市・桶川市・伊奈町  普通車6,500円
提出または受領のみをご希望の場合は上記の報酬額から一律1,500円引きとなります。
軽自動車の届出は上記の報酬額から一律1,000円引きとなります。
上記は記入済みの申請書、配置図などの書類一式をお送りいただいた場合の料金です。申請書や配置図の記入・作成をご希望の場合は別途ご相談ください。

事務所から近い大宮警察署や浦和西警察署だけでなく、自宅は蕨市のため蕨警察署の管轄区域である蕨市・戸田市の車庫証明は最短スケジュールでの対応が可能です。

大宮警察署、浦和西警察署、蕨警察署以外のエリアも可能な限り最短のスケジュールで車庫証明取得の対応をさせていただきますので全国のディーラー様、行政書士事務所様からのご依頼もお待ちしております。

お問い合わせの際に幣所への書類の発送方法(レターパックライト、レターパックプラス、ヤマト運輸宅急便など)と車庫証明返送のご希望日をお知らせください。また可能であれば発送時の追跡番号もお知らせいただけますと幸いです。(お分かりになればで構いません)

お支払い方法は車庫証明と一緒に請求書をお送りしますので、指定口座に後日お振込みとなります。

【お問い合わせ先】

電話番号:048-762-3427 ※不在時は携帯電話に転送されます。日曜・祝日もお気軽にご連絡ください。
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

夏の日焼け

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

最近お会いする方からよく「日焼けした?」と聞かれます。

行政書士は事務所で一日書類の作成をしていると思われがちですが、実際にはお客様との打ち合わせや役所への書類提出などで外出する機会がとても多いです。移動は近くの場合は自転車や徒歩が多いのですが、知らぬうちにだいぶ日焼けしていたようです。営業マンが外回りで日焼けするのと同じですね。

特に許認可に関する業務を中心にしていると、建設業のお客様にお会いするため建設現場へ伺ったり、現地調査のため産業廃棄物の中間処理場へ同行したりしますが、その業界に関する新しい発見や気づきがあったときは行政書士業務の奥深さを感じます。こうした知識や経験の積み重ねは自分を成長させ自信につながっていきます。

お客様が自社の事業の拡大や新会社を設立し新規事業を立ち上げる際には、新たに行政庁の許可を取得したり、現在取得している許可の変更が必要となることも多いですが、お客様の前向きなチャレンジに関わることができ、許可の取得後も継続的にサポートができる行政書士の仕事は責任を感じるとともにやりがいが大きいです。

許可申請は役所の手引きを読めばある程度のことは分かりますが、許可要件を満たす有資格者が社内にいるか、有資格者がいない場合は実務経験で証明できるか、などお客様の状況に応じて進め方が変わってきます。申請のために準備する書類が多くて大変、平日は役所へ行く時間がとれない、というときは私たち行政書士の出番です。

まだまだ暑い夏が続きそうですが、当事務所は夢やビジョンの実現に向かって積極的にチャレンジするお客様を全力でサポートいたします!お盆期間中も通常営業していますのでお気軽にお問い合わせください。

付箋(ふせん)のような存在

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

当事務所ではお客様にお会いした際にオリジナルの付箋(ふせん)ブックを差し上げています。

開業のご挨拶の際に名入れタオルの代わりに、お客様の事務所でデスクなどに置いてお使いいただけるようにと考えて作成しました。お客様からの評判も良く、喜んでくださる方が多いのでたびたび追加発注しています。

付箋は仕事をするうえで皆さん必ずといっていいほど使うものだと思います。ちょっとしたことをメモしたり、資料の重要なページの目印にしたりと何かと便利でビジネスに欠かせない存在です。

行政書士の業務においても必要書類にお客様の押印をいただく際に、法人の代表印と個人の実印箇所などを付箋で色分けをして、押し間違いがないように分かりやすくするなど付箋の出番はとても多いです。

先日もこの付箋をお配りしたお客様が当事務所に依頼をしてくださり、お客様と新たなご縁ができたことは本当に嬉しい限りです。当事務所はお客様が困ったときに役に立てる便利な存在、そんな行政書士事務所でありたいと考えています。

汗は人を強くする

こんにちは。
さいたま市中央区のU&I行政書士事務所(浦和支部)です。

「涙は人を優しくする 汗は人を強くする」これは今月の「荒 了寛カレンダー」に書かれている言葉です。ある経営者の方にこのカレンダーを頂き、毎月どんな言葉が書かれているのか月末にカレンダーをめくるのが楽しみの一つになっています。

荒 了寛さんは国際的にも著名な天台宗のお坊さんで数多くの言葉を残されていますが、カレンダーをめくるたび日常生活や仕事などの何気ない場面において、相手への気遣いや心配りが信頼関係を築くうえでとても大切であると気づかされます。

汗は人を強くするとは、努力は無駄になることはなく必ずいつか自分の力になるという意味だと思います。梅雨明けはまだもう少し先ですが、これから夏本番に向けてしっかり汗をかいていきます。

ちなみに先月のカレンダーの言葉は「心の姿勢をよくしていれば 顔つきもよくなります」でした。荒 了寛和尚のカレンダーは「羅漢さんの絵説法」で調べてみるとイラストに見覚えがあるという方も多いのではないでしょうか。